忍者ブログ
 孤独と絶望の日々…
カテゴリー
* 未選択(0) * まいにち(160) * こども(25) * お菓子(4) * こてつ(43) * おしらせ(9) * ちくちく(36) * あみもの(3) * tatting(11) * ごはん(4)
  カレンダー
09 2017/10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31





いつでも里親募集中
  最新記事
  どうぞよろしく
HN:
Marisa
HP:
性別:
女性
  いちごいちえ
 
  ブログ内検索
  アクセス解析
[155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/03/28 (Fri)
とうとう 観て来ました、黄金の羅針盤
子連れだと吹き替え版しか観られないので つまらん・・・
しかも 吹き替え版は朝早い・・・9時40分からだよ~
劇場は全席指定制でチケットを買うのにも並びそうなので
朝8時には家を飛び出しましたわ・・・(イナカに住んでるとこうなる)

かなり子連れが並んでたので みんなライラ狙いかと思いきや、
同じ劇場で“ドラえもん”もあったので そっちへ流れたようです(笑)
年配のご夫婦は・・・“母べえ”だったと思われ・・・
一年ちょっと前に出来た新しいビルの中の映画館なので(あの震災でつぶれた
ビルを 10年以上経ってやっと再建したんでした) とってもきれいで
席はゆったり、前の人のアタマがジャマなんてこともない設計で、
気持ちよく観られました。

さて、肝心の映画の方は・・・う~む・・・ちょっと~!って感じで・・・
原作に対する私の思い入れがかなり強いので こういう感想に。
ストーリーや人物設定が けっこう違ってたし、ラストの重要な部分が
全部削ってあった。
ラストはけっこうショッキングなシーンがあるので 子供も楽しめる
映画にするためには やむを得ないという感じかなあ。
でもあの部分を描かないと 次へつながらないんだけどなあ・・・
こういうのってありがちなので、しかたないと思ってます。
長女も原作を読んでるので ちょっと不満そうでした。

ニコール・キッドマンは ため息が出るほど美しかった・・・。
ライラ役の ダコタ・ブルー・リチャーズも良かったです。
娯楽作品としては とても楽しめる内容だったと思うので、興味のある方は
ぜひどうぞ。春休み中なら 値引きクーポンがHPで手に入るよ~!


映画のあとお昼を食べて 元町までぶらぶら歩いたら なんと大丸で
假屋崎 省吾さんのトークショーにぶち当たりました!
假屋崎さん、頭にカチューシャ付けて髪はお団子にしてて、出て来られた
とたんに 会場の人たちみなさん、「かわいい~!!」
もっとごっついヒトだと 勝手に思いこんでました。
黒のシルク地に豪華な花模様の刺繍入りのチャイナ服、といういでたち。
とっても素敵で 今年末には50歳になられるとは思えない・・・
目の前で ゴーカにお花を生けて見せてくれて 爆笑トークつき。
いや~ 早起きした甲斐があったってもんだわ。
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *