忍者ブログ
 孤独と絶望の日々…
カテゴリー
* 未選択(0) * まいにち(160) * こども(25) * お菓子(4) * こてつ(43) * おしらせ(9) * ちくちく(36) * あみもの(3) * tatting(11) * ごはん(4)
  カレンダー
04 2017/05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31





いつでも里親募集中
  最新記事
  どうぞよろしく
HN:
Marisa
HP:
性別:
女性
  いちごいちえ
 
  ブログ内検索
  アクセス解析
[141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131]
2017/05/01 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/02/12 (Tue)
運を使い果たした女・・・うちの次女。

なんと このたび表彰状なるものを貰って帰って来た。
そんなモンにはま~ったく無縁の家系である我が家。
まぐれもまぐれ、大まぐれ当たり!!

この すっとこどっこいの トントンチキ!!
こんなところで運を使い果たして・・・アンタこれからの人生どーするよ?
こ・・・こんなことになると分かっていたら・・・
この子を あの場所へ連れて行けばよかった。
そして 叫ばせるのよ!
「おねえさん、宝くじ くださ~い!!」

ちなみに 長女の粘土作品も コンクールに出すかどうかで
先生は迷ったらしい。で、結局他の子の作品を出した理由が
「きちんと出来すぎていて 子供らしくない
ちょっと つぶれてるくらいの方が ウケが良いというわけで・・・

が、学校って・・・なんか怖い・・・
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そうなんですよね
ちなみに書道でも、大人並に美しく書いたものより
「小学生らしく」元気いっぱいな字の方がいいそうで・・・

娘が小学校時代、
夏休みの作品作りのときは そのあたりを考慮して手伝ったら
三年連続して 学年代表でコンクールに出ました(笑)
もちろん、母はアイデアだけで
実際に作るのは娘。
少々不細工な、微妙にゆがんでいるくらいの方が
「小学生が努力した」様子が良くわかっていいみたいです(^^;;

小学校って、本当に不思議なところですよね。
胡桃 2008/02/13(Wed)14:43:21 編集
自由研究も
そうそう、夏休みの自由研究もなんですよね!
それらしく その子の学年なりのものを作らなきゃ、
出来すぎだと いくら本人が頑張った作品でも
「らしくない」ということで バッサリとか。

逆に親が手伝いまくったのが丸わかりのが通ったり・・・
胡桃さんのお嬢さんは すごいですね。
きちんと 胡桃さんの手を借りずに仕上げて
三年連続コンクールになんて・・・
うちの娘どもに お嬢さんのツメの垢を煎じて
飲ませたいので送ってほしいです。
もちろん送料は着払にしておいてくださいね(笑)!
Marisa 2008/02/14(Thu)09:39:23 編集
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *