忍者ブログ
 孤独と絶望の日々…
カテゴリー
* 未選択(0) * まいにち(160) * こども(25) * お菓子(4) * こてつ(43) * おしらせ(9) * ちくちく(36) * あみもの(3) * tatting(11) * ごはん(4)
  カレンダー
04 2017/05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31





いつでも里親募集中
  最新記事
  どうぞよろしく
HN:
Marisa
HP:
性別:
女性
  いちごいちえ
 
  ブログ内検索
  アクセス解析
[1] [2] [3]
2017/05/01 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/01/08 (Tue)
 はあ~・・・アンタ、なんて書いてんの?

今日はやっと始業式! 今回の冬休みは長かったのよね~(泣)
やれやれ・・・でも、明日からは給食も始まる! ありがたや・・・
始業式の後、書初め大会もあったので 今日の下校は11時半すぎてた。
これもありがたや~。

書初めの課題以外にも “今年の抱負”をそれぞれ考えて書くこと、と
いうことだったらしい。
で、持って帰って来たのがこれ!!
ど?ど? え? ちがうやんか! 読めませんから!!
本人曰く 「ちゃんと 正しい字のを提出したから」
そういう問題じゃ ありません!

横に写ってるのは 分かりにくいけど コアラの人形。
長女のクラスで オーストラリアに行った子のお土産だとか。
「ああ、これさ~ よくあるんよ。手足のところがクリップになってて
そのへんに挟めるんよ、ホラ!」
と、私が コアラの足を持って パタパタさせたら・・・

  バキッ!! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・気まずい沈黙・・・・・・・・

「うわ~!! ごめん、足 折ってしもた~!!
いや、でもね、ホラ まだ手があるから 大丈夫やから・・・ゴメン!」
と謝りつつ 笑いが止まらん私。
長女も次女もゲラゲラ笑ってくれて ホッとしたよ。

子供のころから“壊し魔”という 異名を持つワタクシ・・・
「Marisaは ホンマに荒っぽいんやから」と いつも言われてた。
“壊し魔”は 40歳にして健在なり!! ←自慢するな
PR
2007/12/04 (Tue)
長女が 音読をする・・・
横で 次女が延々と九々を唱えて 私は時間を計らされる・・・

うあ~~ あたしゃぁ気が狂う!!
よくアンタら おたがい平気でやってられるもんだわ・・・


  フンッ フライパンやんけ!

というわけで ねこ鍋ならず・・・
どぶちゃん、やっぱり 土鍋じゃなきゃアカンって。
2007/11/27 (Tue)
小学校の1,2年生で“秋のフェスティバル”というのがありました。
次女は何日も前から 一生懸命にゲームや景品を用意して・・・
おかげで家の中はドングリやらマツボックリやらがゴロゴロ。
今日持って行って、やっとこれで片付いた(笑)
自分たちで作ったサツマイモで焼き芋もするらしく、アルミホイルも
箱ごと持っていくし。

で、何日も前から“おかあさん来て来て”攻撃。
昨日なんて「あのね、9時10分からだけどね、それだと1年生もいて
たくさんだから お母さん、しんどいでしょ。
10時10分から2年生だけになるから その頃に来て」
・・・・・・人が多いところに行くと気分が悪くなるのを覚えてくれてるのね。

ここまで言われて行かなきゃ オニでしょ。なんとか行きましたよ。
体育館のぞいたら、保護者 だれもいないやんか!?だ、ダマされた・・・
でも先生方に「どうぞお入りください」って言われるし。
担任の先生が 「(次女に)お母さんも来ていいの?って聞かれたんですよ。
もちろんいいわよ、って言っておいたんです」
次女はとても楽しそうにしてました。行ってよかったです。
でも結局 保護者はあとから来た人と私と、二人だけでした(爆)

そして・・・色々とゲームで使ったものやら景品やら持って帰って来た。
またペットボトルやらドングリやらがリビングに散乱してる。
せっかく片付いたと思ったのに~(泣)
2007/11/21 (Wed)
外出恐怖症が ひどい私・・・
昨日は用事で どうしてもバスと地下鉄を乗り継いで出かけねばならず、
帰ってきてグッタリしてた。

今朝は目が覚めた時、「今日は一歩も外に出ない日よ!頑張れ私!」と
起きようとして(こういう日を週に何日か作らないと心も体ももたない)
・・・・・・・・・・・・・・・思い出した・・・
昨日から 長女が「右目が痛い」と言い出して まぶたをひっくり返すと
プクっとできものみたいに 腫れてる。
「あちゃ~ 朝から眼科連れて行かんなんのやった・・・」
半泣きで 起床。

幸い、朝一の予約が取れた。
診察結果は「目ばちこですね」 ・・・その病名、数十年ぶりに聞いた。
大人でもなるらしいけど やっぱり子供がなりやすいよね。
汚い手で 平気で目をこするから。
それにしても・・・5年生にもなって遊び呆けてる上、泥だらけの手で目を
こすってんのか、こいつは・・・ナサケナイ・・・

病院からそのまま学校へ送って 10時過ぎには帰宅できたけど、
やはり グッタリ疲れました・・・明日こそは 一歩も出るもんか!!


  

うふふ・・・小鉄~アンタだけよ、あたしの楽しみは・・・ ←親バカ
2007/11/06 (Tue)
娘たち、眼も悪い。頭も悪いし容姿も百人並み、ホントいいとこなし・・・

春と秋の学校での眼科健診で お約束のように必ず引っ掛かる。
長女は眼鏡をかけて検査するのに また引っ掛かった。
次女は前回と変わりなしだけど 視力自体は少し悪いので
毎回、受診させられる羽目に・・・

そんでもって 眼科で視力検査してもらうと 長女の場合、
「ちゃんと見えてますけどねえ・・・どんな検査なの?検査の部屋は暗い?」
などと言われる始末。
ったくよけいな医療費 使わせよって・・・サイフが寒いよ軽いよ~

おまけに とっくに済んだはずの歯科検診の結果を もらって来ない。
次女なんて先月の18日、長女もその数日後に 終わってるのに。
どないなっとんや~?
こっちやって都合ってモンがあるし 歯科は遠いし予約でびっしり埋まってて
予約取ろうとしたら 数週間後とかになる可能性も。
習い事はスイミングだけで 塾も行ってないうちの子でもそんなんだから
他の子のお母さんたちはもっと大変だろなあ・・・

 まだ咲いてます。頑張ってます・・・

でも すいぶん花も小さいし、おそらくこれが最後の花でしょう。
一生懸命 咲いてくれて、ありがとう。
2007/09/11 (Tue)
とうとう 次女に虫歯らしきものが ぽちっと・・・
まだ直径1ミリにも満たないんだけど・・・くぅぅ・・・悔しい。
今まで一生懸命がんばって 二人とも全く虫歯がなかったのに!

長女の歯列矯正の診察に行ったので 次の予約を取る時に次女もお願いすることに。
「ええと、下の子に虫歯らしきものがあるので ついでに見てもらえますか?」
と言うと・・・歯科衛生士さんが
「では次に お二人取っておきますので弟さんのお名前をこちらに書いて下さい」
笑いをこらえながら 言われたところに次女の名前を書く。

「んまあ、ごめんなさいねえ!!女の子だったのね!」
いえいえ、いつも間違われてるからヘーキです、姉妹そろって・・・


追記

今日、次女が下校するのと前後して担任の先生から電話が。
「また なんかやらかしたんか、こいつ?」と思ったら・・・
クラスメートのA君の気に障ることをしたのか、尖った赤鉛筆で
手の甲をつつかれて怪我をしたらしい。
え?と傷を見ても たいしたことはない、ぷちっとなってるだけ。
「済みませんでした、A君にはよく言って聞かせて謝らせましたので・・・」
連絡帳にも 長々と書いてあった。ちゃんと消毒しましたとか・・・

先生たちは こういう“べっちょない”ことでもよく電話をくださる。
すごく気にしておられるんだけど こっちは「たいした事ないですから~」と
笑い飛ばせる程度のことなのよね。
私達が子供の時には考えられんかったような気がする。
よほどの怪我で 病院に直行とかでなければ・・・
いやはや、先生も大変だなあ・・・
2007/09/03 (Mon)
夏休みが終わった!!
しかも!明日から給食も始まるって!! う、嬉しい・・・
給食だけは もう少し遅く始まるところもあるらしい。
神戸市、エライ! ちゃんと給食費払ってるからね! 頑張って!

給食費、払えるのに払わない人が急増したり こんな商売が横行したり・・・
どうなるんでしょ、この国は・・・


ところで “ぐーたらの家”のカウンターが2万を越えていました。
来て下さっている皆様、本当にありがとうございました。
つたないサイトですが これからもどうぞよろしくお願い致します。 
2007/08/24 (Fri)
夏休みもあとわずか・・・うぅぅ・・・嬉しい!!
でも今年って9月の始めが土日で 三日が始業式って・・・ものごっつう損した気分。

それにしても 夏休みは毎年遊び呆けて終わるうちの子って・・・
高学年で外で毎日遊んでるなんて うちの長女だけ!
アンタ、幼稚園児や低学年の子と遊ぶのがそんなに楽しいか!?
母や妹曰く「あの子は面倒見がいいから」 ババばか・叔母バカ丸出し・・・
アタシに言わすと ちっちゃい子に遊んでもらって喜んでるとしか見えん。

他の子たちは 弁当持ちで、びっちり夏期講習・・・
そこまでさせる気はないけど ちょっとは机に座れよ~!!(泣)

自由研究も工作も 全くする気配なし。困るのは本人たち。ほっといた。
さすがに今日、「アンタら、なに考えてんの!!」と怒鳴る。
怒鳴られる→さすがに泣く→怒鳴る→泣く・・・エンドレス・・・
何をしたいかも思いつかず 今まで気になりながら放置していたらしい。
究極のアホでんな・・・。ここまでアホで どうやって生きていくんだ!
自分のアタマで考えて自分で行動しろ!!と 日々言い続けてる甲斐なし。
結局は 近所の手芸店で小学生でも作れそうなキットを買うという
姑息な手段に出た私も私やけど・・・
2007/07/18 (Wed)
子育てに関する本を借りると フムフム、なるほど、と思い・・・
そして激しく 落ち込む
そんな立派な親になんてなれない。読んだところで実行できるわけがなし。
朝から晩まで怒鳴り散らして 早く早く、とせきたてて・・・
私なんてこのテの本は 読まない方が精神衛生上よろしい。
読むと、アンタはダメ親!ダメ女!!って叱りつけられてる気分になる。
どうせ私は 立派な親になんて逆立ちしたってなれやしない。
もう、開き直ってやる!!

ただ、子供は親の所有物ではなく、ほんの少しの間 神様から預かっているのだ、
と思うようにしている。子どもたちにもいつも言い聞かせている。
親の手元にいるのは いかにわずかな時間か。
お母さんはあんたたちが飛び立つ準備を手助けしてるだけ・・・
そう思ってても怒鳴るし命令口調だし(これがアカンらしいよ、この本によると)。


ただ、すばらしい詩が載っていて、心にズシンと来た。

 あなたの子どもは、あなたの子どもではない
 待ちこがれた生そのものの息子であり、娘である
 あなたを経てきたが、あなたから来たのではない
 あなたとともにいるが、あなたに属してはいない
 あなたは愛情を与えても、考えを与えてはならない
 なぜなら、彼らには彼らの考えがあるから
 あなたは、彼らのようになる努力はしても
 彼らをあなたのようにすることを求めてはならない
 なぜなら生は後戻りしないし
 きのうにとどまりもしないのだから
 あなたは弓であり、
 あなたの子どもは、あなたから飛びたつ矢である

     カーリル・ジブラーン


書き写して毎日のように読むべし、私!!
2007/06/25 (Mon)
家庭科で裁縫を習い始めた長女。
「おかあさん、次からアルトリコーダーの袋を縫うんやけど、
女子はピンクか赤で 男子は水色か青の布にせえって。
その方が 区別が付きやすいからって先生が言うねん」

えええ~!? イマドキ、それはないやろ~!?
好きな色、選ばせたれよ~!!
娘も「私、水色がよかった」と口を尖らせていた。
ピンクや赤が好きな男の子かって おるやろ?
そんなのヘンって からかわれたりしたらかわいそう・・・
そういう色彩感覚も、好き勝手に伸ばしてやればいい。

この学校、今は出席番号も男女混合で(昔は分けてたよね)
男女関係なく みんな「さん」づけで呼ぶ習慣になってるのに。
こういう部分で ホンネが出る?
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *