忍者ブログ
 孤独と絶望の日々…
カテゴリー
* 未選択(0) * まいにち(160) * こども(25) * お菓子(4) * こてつ(43) * おしらせ(9) * ちくちく(36) * あみもの(3) * tatting(11) * ごはん(4)
  カレンダー
11 2017/12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31





いつでも里親募集中
  最新記事
  どうぞよろしく
HN:
Marisa
HP:
性別:
女性
  いちごいちえ
 
  ブログ内検索
  アクセス解析
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25]
2017/12/17 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/05/07 (Mon)


今日は ちょっと体が軽い感じが。
嬉しいけど、こういう日に限って夕方から激うつが来たりするんで、用心するに越したことはない・・・
そろりそろりと動き回ってます(笑)

まだまだ レース編みや刺繍には気が行かないし・・・
例えて言えば・・・みんな誰でも“引き出し”を持ってるよね。
色んな“楽しみ”の引き出し。大きくて深いのを ひとつだけって人もいれば、
私みたいに小さくてごちゃごちゃしたのを たくさん(爆)って人もいる。
みんなそれぞれ、100人いれば100通り。
それを開けるのが楽しみだから 他の事も頑張れる。
楽しすぎて やらなきゃいけないことを忘れることもあるけど(笑)

でも私の場合、その引き出しがいきなり開かなくなってしまって・・・
開ける気にもならなくなって・・・どこかのポケットに 引き出しの鍵は入ってる。
でもさがせない・・・頭がもやもやとして鍵を探せない・・・そんな状態でしょうか。

まあ、いつか出口も見えるでしょう。鍵も見付かるでしょう・・・


このミニバラは 次女が子供クラブの2歳児クラスの終了式でもらった。
だから、4年以上わがやに居てくれてる。
地味だし虫は付くし・・・でも愛着があって・・・
そのへんのホームセンターで300円くらいで売ってそうな 名無しのバラやけどね。
勝手に次女の名を付けて“つーちゃんのバラ”と呼んでる。
さあ、これから本格的に 虫たちとの壮絶な闘いがはじまるよ~。
とりあえずは葉ダニとアブラムシやね・・・
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
引き出しなら山ほど・・・
このGWに開かずの間を徹底片付けして
改めて自分の「引き出し」の多さにあきれてます(笑)
中には、「私、こんな引き出しも持ってたんだわ~」なんてのも(^^;;
いったい何年開けていないのでしょう?

引き出しを開ける鍵は、いつか必ず見つかるから
今は開ける時ではないのだわ~と
お気楽に過ごしましょう。

私なんて、
今中三の息子が幼稚園だった時の引き出しがありますよ~
えっへん!(笑)
ちなみに、今回の片付けでも中身を確認しただけで
また封印してしまいましたから
この「引き出し」が開けられるのはいつの日になるか・・・
それも、また、楽しみの一つだと思っています(笑)

胡桃 URL 2007/05/07(Mon)22:22:34 編集
私も!!
胡桃さん、ありがとうございます。
私が鍵を見つける日も いつか来ますよね。
それを信じて のんびり待ちます。

私も 引き出しがたくさん・・・
しかも、どれも浅くて小さくて・・・(恥)
それぞれが深く大きくなるのは いつのことか?
一生 そんな日は来ないかも(笑)

お片付け、お疲れ様でした!
忘れてた“引き出し”をウッカリ(?)見つけたら、
そこで時間が止まってしまいませんか?
それが怖くて 押入れの布と毛糸の箱、開けられません。
結局 捨てられずに、またぎゅうぎゅうに詰め込んで終わっちゃいそうです。
私が、この布・毛糸たちを何かに生まれ変わらせてやる日は来るのかしら・・・
Marisa 2007/05/08(Tue)09:48:35 編集
いいな~
みなさん、引き出しをたくさんお持ちで羨ましいです。
私なんて、引き出し、な~んもなくて、ノッペラボウです。いっぱい、鍵があるだけでも楽しそう。いつか開けれる日が来るのも楽しみだし、そ~っとしまってとっておくのも楽しそう。
過去の栄光の引き出しでもいいし、中途半端でも小さい引き出しあり、浅い引き出しあり、それもなお結構って感じですね。

今、この年になって、私っていったい今まで毎日何をしていたのかしら、もしかして、眠り姫(?)のように寝ていたのか、気絶でもしていたのか、はっと気づいたらもう、おばさんになってました。(ショック!!)
だからなのか、引き出しを作る暇もなかったって言い訳したいくらいです(涙)

今からでも遅くないのかもしれませんが、何をやっても才能がないと言うか、頭悪いのかどうしていいのやら…。

趣味と言えるものも少ないし、今まで、いったい人生をどう生きて来たのやら。悲しくなります。

したいときに楽しむのが、趣味なんだから、気にせず、引き出しはちゃんとあるんだから鍵がなくても開けたくなったら、こじ開けてでもあけられます。引き出しがあるだけでもすごいんだから、その引き出し、大切にしてください。

きっと、楽しさと頑張りでいっぱい作ってこられたんでしょうね。その引き出しはMarisaさんの誇りですよ。

私は今からだと、ちびちびのポケット引き出しになりそうですが、作れるものなら、作りたいです。
その為には何か楽しみを探すことから始めなきゃ。



midori 2007/05/10(Thu)21:23:58 編集
無理に探さなくても
midoriさん、そんな風に考えないで下さいね。
無理に探さなくても 引き出しはちゃんと持っておられると思います。
気が付いてないだけですよ、きっと・・・
たとえば お天気の日の良い日にお散歩して、季節の移り変わりを感じるとか・・・
おいしいお菓子を食べて ほっこり、とか。
のんびりボーっとするのも、私は楽しくて大好きです。
今の世の中 時間に追われてばかりで“空白の時間”って無いですよね。
“なにもしない時間”っていうのが最高の贅沢っていうじゃないですか。

だから趣味を作らなきゃ、と焦って無理しないで下さいね。
のんびりしてても、そのうち なにかmidoriさんのアンテナに
いきなり引っ掛かるものがあるのかもしれません。
私がタティングというレースを始めたのは、近所の書店で
偶然、何気なしに手に取った本がきっかけでした。
そういう“出会い”のときって誰にでもあるのだと思います。
お子さんも大きくなられたから これからこそがチャンスかも!
チェリスト、ヨーヨー・マも“何を始めるにも遅すぎることはない”と言われたとか。
恥をさらせば 私はヴァイオリンを習いだしてから まだ二年弱です。
ちっとも上達しなくて レッスンではいつも先生にたくさん叱られて・・・
毎回のように凹みまくって帰ってきます。
それでも めげずにボチボチのんびり練習してます。
上達を他人と競うわけではないんですから それでいいと思います。
才能や他人の評価より“自分が好きか”だと思います。
midoriさんにも“好き”なもの、あると思います。
それこそが“引き出し”だと思いますよ。
それが お稽古事や手芸である必要は全くないと思うんです。

すみません、生意気なことを長々と・・・
どうかお気を悪くなさらないでくださいね・・・
Marisa 2007/05/11(Fri)16:45:56 編集
ありがとう
Marisaさん、いつも優しいお言葉、ありがとうございます。
Marisaさんに言ってもらえると本当にそうだなと素直に受け止められます。
本当にそうですね。

一人で山や空や雲を見てるのが大好きで、特に風に乗って形を変えながら飛んでいる雲を眺めていたら、気が付いたら何時間もなんてざらです。
わーっ、怪獣みたいな雲ー。怪獣がアイスクリームなめてる~。みたいに一人であほみたいに空想して何も考えないでいる平和な時間は最高です。

私が凹んだり、落ち込んだり、悲しくなったりの原因は、人との係わり合いだからなのかな。
私の気配りが出来ないところとか、言葉をうまく伝えられないこととかで、人に迷惑をかけたり、嫌な気持ちにさせてしまったり、傷つけたりで、一度悩みだすと底に沈んでしまって這い上がれなくなってました。

何もできないくせに、何でも引き受けてしまって出来ない自分に落ち込んだり悲しんだり、ダメダメな自分を再認識…。

何も出来ない、無能な自分が情けなくなり、大嫌いになったり責めたりもしてましたが、一人でボーっと空を眺めてる時間だけがすべてを忘れさせてくれるんですよね。

だから、その時間を罪悪感なく、過ごしていいよって言ってくれたみたいで、すっごく嬉しかったです。それも引き出しにしていいんですよね。
私の引き出しを見つけてくれてありがとうございました。
引き出しは無理に作ろうとするとプレッシャーになるから、Marisaさんの言われるように出会いを待つ事にします。
天気のいい日に出かけて、木陰のベンチで本を読むのも、チビ引き出しって事にすれば、心も軽やか(笑)
Marisaさんに感謝です。

何かをしようと思ったりしたら、心配が先に立ってこうなったらどうしようとか勝手に心配したりするから、近頃はそんな風に思うのはよそうとしてるんですが、なかなか考え方は変わらないよね。
これでも、ずいぶん図太くなって悩まなくなったのですが、身体ばっかり太くなってしまって、心の方がなかなか大きくなりません(涙)
肝っ玉かあさんにあこがれますね。

バイオリン、素敵な音色ですよね。大好きです。
バイオリンって弾くときの姿勢が綺麗で女性が弾くと色っぽいな~って、変な事考えて聴いたりしてます。
音楽は音を楽しむと書くのだから、自分が楽しめたらそれでいいですよね。
楽器が弾きたらいいな~ってあこがれますが、私に何が出来るのか考えたら、カスタネットかトライアングルくらいでしょうかね(笑)

音楽に詳しくなくてお恥ずかしいのですが、バイオリンは私にとって、すごく高等な技術のいる楽器No.1です。
弾く姿勢にかなり無理のある形だし、(へんなこと言ってすみません)ピアノみたいに叩くと音階になってないし、ギターみたいに線が入ってない
し、手で弾かないから力加減も難しそうだし。
バイオリンが弾けるだけでも、素敵って尊敬してしまいます。

Marisaさんの好きな音色で好きな調子で弾ければ
音を楽しむ、本当の意味で最高ですね。

midori 2007/05/12(Sat)13:29:03 編集
最高ですね
ぼんやり流れる雲をながめて 何時間もすごせたら・・・
それだけで心が洗われる気がします。
そうしてのんびり・ゆっくりを 心から楽しまれているのですね。
とても素敵で 最高のすごし方だと思います。

人間関係は 本当に息が詰まりそうで・・・でも他人と関わらなくては
暮らしてはいけませんし・・・
きっと midoriさんは、すごく気配りが上手で、細やかな神経の持ち主で・・・
だからこそ、たくさんたくさん悩んで落ち込んでしまうんだと思います。
他人を思いやることが出来ない人間は、人間関係で悩みませんよ、きっと(笑)

ヴァイオリンは あの姿勢で悪戦苦闘です(爆)
やはり、大人になってから始めると、体を傷めてしまうことが多いそうです。
大人は体や筋肉の使い方が人それぞれ固まってしまってますから。
ありがたいことに 私の先生は正しい姿勢や力を抜くこと、などに
めちゃくちゃ厳しいので 今のところ体を傷めずに済んでます。
あせらずのんびり進みますね。

midoriさんの“チビ引き出し”、とても奥が深くて
中には宇宙がすっぽり入ってそうですね。
大切になさってくださいね。
Marisa 2007/05/13(Sun)12:03:37 編集
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *